4歳児クラス

4歳児クラスの保育では、園生活のリズムを自ら把握し、集団行動で友だちと力を合わせる協調性を養うこと、そして自ら選んだ活動では集中力や忍耐力を養いながら、園生活を楽しむことを大切にしています。

 

はまなす4歳児の子どもたちは、毎日保育園へ通うことを自分自身の日課としてとらえるようになり、今日は友だちや先生と何をして過ごそうかと小さな「目標」もいだけるようになります。
「自分」という存在を意識し、友だちや小さい仲間たちを大切にしてともに遊んだり過ごしたりすることから、喜びや教える立場を経験していく中で「自信」を持てるようにもなっていきます。

特に知的面ではその関心は高まり、年長児との触れ合いの中では「憧れ」や「目標」となっていきます。そして、今までの自己体験や思いを少しずつ自分の頭の中で整理できるようになり、その姿は日常生活の中で色々な場面に表れます。
自ら脱いだ上靴やスリッパを揃えたり、物事の成り立ちや順番を守ることの大切さを理解したりして、集団行動がよりスムーズになります。
時には思い違いでトラブルも生じますが仲直りを繰り返す中で、友だち関係の絆は深まっていきます。
物的環境としては、幾何学教具や数量、文字に触れて多様な取り組みを楽しんでいます。

このように4歳児クラスでは、体の成長と共に手先の巧緻性も育ちますので知的な体験活動が広がり、子どもたちは自然界や人との触れ合いや結びつきを知り、その大切さに気付き始めます。

年齢別保育一覧に戻る

ページ上部へ戻る