乳児期から就学までの保護者支援

 親が、目に見えやすい「できる・できない」にとらわれ過ぎた教育的側面の成果ばかりを期待することは、子どもの「親の期待に添わないと受け止めてもらえない」という意識を生みます。親の期待と自分の思いとのズレの繰り返しは、不信感や自信喪失の蓄積になっていくのです。

 しかし、親という立場はとかく子どもの出来栄えが気がかりで、結果が良ければそれが成長の証しであるかのように思いやすいものです。
このような親子の思いのズレを出来るだけ少なくするために、保護者支援を通して「子どもは自分の思いに共感されて、尊重される中でのびのびと自分を発揮できる環境が与えられれば、自ずと上手になりたい、もっと難しいことをやりたいと思うものです。
他の子どもと比べずに、自分の子どもをじっと見守ってあげることが大切である」ということを伝えたりすることで保護者の気持ちも変わって欲しいと思います。

 今の保護者のほとんどが、子どものことを知る機会がないままに大人になりました。
子どもを育てる立場になって初めて本を買ったり、インターネットで調べたり、ママ友と情報交換したりしていますが、世代が近過ぎて実際の悩み解決にならないことも多いようです。
そして、「失敗しないよう」に、「決められた通り」に、「みんなと同じことを早く出来るようになる」ことを求められた世代であり、「努力したら報われる」ということを幼いころから教えられて育ってきました。

 また、一方では欲しいものがすぐ手に入る便利な生活の中で、理不尽なものにあまり出会うことなく、我慢せずに欲求が満たされる時代でもありました。
ある意味では、「待つことが苦手な世代」であると言えるかもしれません。
だけど、子育ては予定が覆されることの連続ですから、そのような場面(離乳食・トイレトレーニングなど)に直面すると、待てずに答えを早く求めたくなり、予定通りにいかないことにいらだちを感じ、「自分の努力に対して、結果で答えを出してくれる子どもは良い子」という思い込みの中で、試行錯誤する過程を省いて、結果だけを重視する保護者が多いように感じます。

 保護者が育った時代がどのようであっても、子どもの育ちは経済曲線のように右肩上がりではなく、人は皆違っていて当たり前であり、他の子どもと比べることは意味がないことなどを子どもの発達を踏まえて話し合えるような関係づくりが、真の保護者支援であるように思います。そうすることによって、親として必要以上の気負いがなくなり、周囲の評価を気にすることもなく、我が子の育ちを安心して見守ることが出来るようになると信じています。

 最後に、保育士の専門性を持って、子ども一人ひとりの特性を見極めて理解し尊重していくことで、子どもは心地良い経験を積み重ねていき、信頼感が育ち、のびのびと本来持っている力を発揮していきます。このように我が子の姿の変化を確認できた保護者もまた、保育士に信頼感が持てるようになり、子育ての良きパートナーとして受け入れてくれるようになると思います。

保育園見学の勧め

9月1日から、令和3年度の入園受付が始まりますので、新しく保育園に入園を考えてみえる知人がおみえになりましたら、この時期に出来るだけ多くの保育園をご自身の目で見学されることをお勧めします。
毎年入園希望者が多く、クラス定員の関係で入園が困難な場合もありますが、年度途中での入園は、0歳児のみとなりますので十分ご検討下さい。

令和3年度ハートピア保育園のクラス定員予定  総数239名

0歳児30名・1歳児40名・2歳児42名
3歳児45名・4歳児37名・5歳児45名

令和3年度内部ハートピア保育園のクラス定員予定  総数204名

0歳児21名・1歳児36名・2歳児42名
3歳児39名・4歳児41名・5歳児25名

思い出のアルバム入園案内子育て支援職員募集中

ハートピア保育園住所地図はこちら内部ハートピア保育園地図はこちら
ページ上部へ戻る